中国画報—鳧城鎮の郷村の振興の道

現在位置  : ホーム >> 専門記事 >> テキスト

鳧城鎮の郷村の振興の道

2018-08-27      企画 本誌編集部 執行 周晨亮 陳建 王蘊聡    

  • W020180813544676785134.jpg

    鳧城鎮白荘村にある乾山太陽光発電 写真 人民画報社 陳建

  • W020180813540837401128.jpg

    鳧城鎮馬頭新村 写真 人民画報社 王蘊聡

  • W020180813540844640559.jpg

    山口村の民家 写真 人民画報社 陳建

  • W020180813540847124584.jpg

    王家湾村 写真 人民画報社 王蘊聡

< >

鳧城鎮は山東省棗荘市山亭区最南端に位置し、20044月、もともとは張荘、付荘、東山の3つの郷だったのが合併し、総面積は113.7平方キロメートル、総人口は36000人となった。20129月、鎮となった。

ここ数年、鳧城鎮は美しい郷村建設、郷村環境の改善に大いに力を入れている。

 

特色ある産業の育成

 鳧城鎮には千仏崖葡萄モデル栽培基地があり、サンザシや季節ごとの野菜を栽培している。この農園はすでに「千仏崖精準貧困扶助ダイナミック管理委員会」と結びつき、貧困農民の収入を増加させている。

 鳧城鎮は荒地が多く、効率の低い林地の経済価値をいかに向上させるかという問題に対し、鎮や村は先進地区へ人を派遣し、その経験を学ばせ、果樹栽培構造を最適化し、「青竜山緑道レジャー農業ゾーン」を軸として、「一村一品」計画に基づき、特色のあるイチゴ、ブドウ、ナツメ、マスクメロン、サンショウなどの栽培に励み、沿線のすぐれた品質の果実栽培面積は約46ヘクタールにも達した。

鳧城鎮の共同組合、家庭農場は115を数え、経営する土地面積は2400ヘクタールに達する。  

同鎮は紅色観光(中国共産党の革命の歴史をたどる観光モデル)、民俗体験、エコ観光、レジャー、フルーツ狩りを一体にした郷村観光を発展させている。同時に、競争力の強い特色のある農業ブランドを作り出し、eコマース、農村淘宝などの新興サービス業を発展させている。

同鎮は企業誘致と資金導入を通じて、太陽光風力発電などの省エネエコプロジェクトを誘致してきた。鳧城鎮白荘村にある乾山太陽光発電プロジェクトは2017年に発電を実現した。毎年、240万元の貧困援助資金を提供することが可能だ。

鳧城鎮は現在すでに棗荘市の最大の新エネルギー産業村となっている。

 

郷村の質の向上と教育の発展及び文化財の保護

 鳧城鎮には滄浪淵、王家湾―嶧県抗日民主政府遺跡、竜門観、斉魯民俗第一村紅山峪、千年の古遺跡梁王洞などの観光地がある。

王家湾村は山亭区鳧城鎮東部の国家級地質公園である熊耳山と山を隔てたところにあり、植生被覆率は63%以上に達する。鳧城鎮は西鳧山、焦山頭、双山、崔荘などの10の村の美しい郷村建設を実施し、生態資源と優勢産業を結合し、歴史遺跡、風土人情などの人文的要素を掘り起こして、郷村の歴史と自然景観を最大限に保護している。

鳧城鎮は教育を重視し、河口小学校は教学棟を新しく建設し、遠隔音楽教室を開設した。

 鳧城鎮は無形文化財の掘り起こしと保護を重視しており、山東快書芸術教学クラス、村民の竜踊りや獅子踊り劇団を成立させている。山東省南部の特色のある虎頭靴(トラの頭の飾りがついた布靴)、虎頭帽と虎頭枕は観光客に人気がある。

今、鳧城鎮は紅色観光を主とし、文化観光、エコツーリズム、レジャー観光を補助として発展し、緑水青山はすでに金山銀山となっている。

<

>

鳧城鎮の郷村の振興の道

2018-08-27      企画 本誌編集部 執行 周晨亮 陳建 王蘊聡      

  • W020180813544676785134.jpg

    鳧城鎮白荘村にある乾山太陽光発電 写真 人民画報社 陳建

  • W020180813540837401128.jpg

    鳧城鎮馬頭新村 写真 人民画報社 王蘊聡

  • W020180813540844640559.jpg

    山口村の民家 写真 人民画報社 陳建

  • W020180813540847124584.jpg

    王家湾村 写真 人民画報社 王蘊聡

鳧城鎮は山東省棗荘市山亭区最南端に位置し、20044月、もともとは張荘、付荘、東山の3つの郷だったのが合併し、総面積は113.7平方キロメートル、総人口は36000人となった。20129月、鎮となった。

ここ数年、鳧城鎮は美しい郷村建設、郷村環境の改善に大いに力を入れている。

 

特色ある産業の育成

 鳧城鎮には千仏崖葡萄モデル栽培基地があり、サンザシや季節ごとの野菜を栽培している。この農園はすでに「千仏崖精準貧困扶助ダイナミック管理委員会」と結びつき、貧困農民の収入を増加させている。

 鳧城鎮は荒地が多く、効率の低い林地の経済価値をいかに向上させるかという問題に対し、鎮や村は先進地区へ人を派遣し、その経験を学ばせ、果樹栽培構造を最適化し、「青竜山緑道レジャー農業ゾーン」を軸として、「一村一品」計画に基づき、特色のあるイチゴ、ブドウ、ナツメ、マスクメロン、サンショウなどの栽培に励み、沿線のすぐれた品質の果実栽培面積は約46ヘクタールにも達した。

鳧城鎮の共同組合、家庭農場は115を数え、経営する土地面積は2400ヘクタールに達する。  

同鎮は紅色観光(中国共産党の革命の歴史をたどる観光モデル)、民俗体験、エコ観光、レジャー、フルーツ狩りを一体にした郷村観光を発展させている。同時に、競争力の強い特色のある農業ブランドを作り出し、eコマース、農村淘宝などの新興サービス業を発展させている。

同鎮は企業誘致と資金導入を通じて、太陽光風力発電などの省エネエコプロジェクトを誘致してきた。鳧城鎮白荘村にある乾山太陽光発電プロジェクトは2017年に発電を実現した。毎年、240万元の貧困援助資金を提供することが可能だ。

鳧城鎮は現在すでに棗荘市の最大の新エネルギー産業村となっている。

 

郷村の質の向上と教育の発展及び文化財の保護

 鳧城鎮には滄浪淵、王家湾―嶧県抗日民主政府遺跡、竜門観、斉魯民俗第一村紅山峪、千年の古遺跡梁王洞などの観光地がある。

王家湾村は山亭区鳧城鎮東部の国家級地質公園である熊耳山と山を隔てたところにあり、植生被覆率は63%以上に達する。鳧城鎮は西鳧山、焦山頭、双山、崔荘などの10の村の美しい郷村建設を実施し、生態資源と優勢産業を結合し、歴史遺跡、風土人情などの人文的要素を掘り起こして、郷村の歴史と自然景観を最大限に保護している。

鳧城鎮は教育を重視し、河口小学校は教学棟を新しく建設し、遠隔音楽教室を開設した。

 鳧城鎮は無形文化財の掘り起こしと保護を重視しており、山東快書芸術教学クラス、村民の竜踊りや獅子踊り劇団を成立させている。山東省南部の特色のある虎頭靴(トラの頭の飾りがついた布靴)、虎頭帽と虎頭枕は観光客に人気がある。

今、鳧城鎮は紅色観光を主とし、文化観光、エコツーリズム、レジャー観光を補助として発展し、緑水青山はすでに金山銀山となっている。


中国专题图库