現在位置  : ホーム >> フォーカス >> テキスト

第13回北京ー東京フォーラムが閉幕 「北京コンセンサス」を発表

2017-12-18      

 

 

  中国外交局と日本言論NPOが共同で主催する第13回北京ー東京フォーラムが17日に北京で幕を下ろした。

 

 2日間のフォーラムでは中日両国の政治、経済、外交、安全、メディアなど各分野の代表が「より開放的な国際経済秩序とアジアの平和に向けた中日協力」をテーマに実務的な交流と掘り下げた討論を展開し、中日関係の持続的な改善と健全な発展に貴重な見解を提供し、一連の共通認識に達した。

 


 

  閉幕式で、中国外交局の王剛毅副局長はフォーラム主催機関を代表して今回のフォーラムを総括し、出席者がフォーラムで出した意見とアドバイス、積極的な呼び声は中日関係の持続的な改善に良い影響を与えると語った。また、「私たちは引き続き共に努力し、45年前の中日国交正常化が現在において重大な意味を持つことを強調し、フォーラムが中日関係の長期的な健全かつ安定した発展を促進する対話のプラットフォーム、優位性の相互補完と協力推進の新たな動力を模索する協力のプラットフォーム、安全対話の実施と危機管理強化を促す交流のプラットフォーム、両国の世論と民衆の感情の増進をリードするプラットフォームになるよう推進する。また、フォーラムを中日両国の互いを協力パートナーとし脅威を与えないという戦略的共通認識の重要なプラットフォームにし、中日関係の持続的な改善に大きく貢献していく」と述べた。



 

  今回のフォーラムの成果として、中日双方の主催期間は共同で『北京コンセンサス』を発表した。

 




「中国網日本語版(チャイナネット)」より 201712月16


中国专题图库