現在位置  : ホーム >> 人物 >> テキスト

馬東峰 良渚文明を守る人

2017-03-09      

馬東峰  良渚博物院

 

良渚博物院は浙江省杭州市余杭区良渚街道にある美麗洲公園に位置する。その主体建築は四つの直方体であり、その中の三つは展示館であり、一つはオフィスビルであり、馬東峰院長はオフィスビルの二階に執務する

2009年、杭州市良渚遺址管理区管理委員会文物管理局副局長の職場は専門の背景のある幹部の招聘が必要になっている。当時、馬東峰は杭州文物考古第一線で12年も勤務してきた。彼は招聘に申し込み、採用された。

馬東峰はもともと宋元代時期を考古と研究方向とし、就任後、彼は良渚遺跡に関するデータを大量に読みこんだ

良渚文明は中国太湖流域に分布する新石器文化類型であり、今まで5000年余りの歴史もある。1936年、良渚遺跡は初めて正式に発見された。

現代考古学が建立して以来、すでに発掘された実物証拠は中華文明史を4000年前までしかさかのぼれない。良渚遺跡の発見は世人に中国の5000年の文明が着実な理論的依拠と実物の証明を持つのを明らかに示した。

馬東峰は良渚は中華文明5000年の歴史を実証する聖地である。その出現は早くも53004300年前に、中国社会はすでに文明時期に入り、「国家」の形態があったのを実証した。中華文明の起源は世界文明の起源と共通点を持ち、全人類の貴重な遺産に属し、目立つ共同の価値を持っていると表した。

良渚博物院の前身は良渚文化博物館である。博物院は2003年起工した。200810月竣工する。「博物館の職能は文物保護のほかに、社会教育、伝統的文化の伝承と発揚を行う責任を持つべきであります。」と馬東峰は考えている。

 

中国专题图库