中国画報—臨安、エコ農村の建設モデル

現在位置  : ホーム >> 経済 >> テキスト

臨安、エコ農村の建設モデル

2018-03-05      文=管光前・張雪    

  • VCG111127611489.jpg

    臨安

  • VCG111127611486.jpg

  • VCG11491851922.jpg

< >

 

ここ数年、浙江省臨安は「緑水青山はすなわち金山銀山」という発展理念により、エコな新環境、新産業、新社区と新文化の建設に力を入れ、合計36億元を投資して、120の美しい郷村を建設した。

臨安は「中国人類居住環境範例賞」、「十佳休閑居住適宜エコ都市」の称号を獲得し、「中国で最も美しい町」のトップにランキングされた。

 

生態保護で、緑水青山を守る

2017年、臨安は浙江省最初の『村落風景区標準』を制定し、30の村落風景区を建設する計画をたてた。

2017年、臨安区は45000万元を投資し、10の村落風景区を建設した。天目山の麓の月亮橋村はこのプロジェクトにより姿を一新させ、渓流が村の外を流れる江南風の特色豊かな村となり、村の大面積の竹林は、花の海、果樹園へと変わるだろう。

太湖の水源地として、水資源保護は臨安のエコ建設の重要な任務である。臨安丹靚環境工程有限公司は浙江省環境保護科学設計研究院、東北大学などと技術協力を行い、無線の「モノインターネット」技術により、農村生活排水の管理監督プラットフォームの開発に成功した。

 

山水が見える田舎の良さを残す

「中国農家民泊第一村」といわれる白沙村は、太湖の源流がある臨目に位置する。

1980年代から現在まで、白沙村はずっと臨安の郷村発展の縮図であった。

今では、臨安市級観光特色村は現在39に達し、杭州市級観光特色村は17、省級観光特色村は13、全国で最も魅力のある休暇村が1つある。

臨安昌化鎮孫家村を観光で訪れた後、ここに定住したアメリカ人もいた。

 

インターネット+エコ郷村

「エコ経済」を発展させ、農村の発展、農業の効率増加、農民の収入増加のために、新しいエネルギーを注ぎこむことは、臨安の「美しい郷村建設」が直面する新時代の課題である。

ここ数年、臨安はインターネットにより農業を発展させることを郷村経済発展の重点の戦略にしている。 

今や、臨安人は約27000ヘクタールの農地でクルミを栽培し、21のエコ循環農業モデルプロジェクトを建設し、家庭農場などの新型経営主体845を育成し、さまざまな民宿はベッド数2万あまりにも達する。2016年の観光綜合収入は1382000万元に達した。現在、臨安は6つの淘宝鎮、22の淘宝村を創建し、3年連続して「中国電子商取引百佳県」の称号に輝いた。

2012年、白牛村は中国最初の淘宝村となる。白牛村はナッツ類を販売する電子商取引により、毎年、伝説を作っている。

冷凍・冷蔵通物流により、臨安地区の生鮮農産品電子商取引は一夜のうちに大人気を博するようになった。於潜鎮や天目山のサツマイモ、太湖源の新鮮なタケノコ、高虹の高山野菜などはネットでとても人気が高い。

 

<

>

臨安、エコ農村の建設モデル

2018-03-05      文=管光前・張雪      

  • VCG111127611489.jpg

    臨安

  • VCG111127611486.jpg

  • VCG11491851922.jpg

 

ここ数年、浙江省臨安は「緑水青山はすなわち金山銀山」という発展理念により、エコな新環境、新産業、新社区と新文化の建設に力を入れ、合計36億元を投資して、120の美しい郷村を建設した。

臨安は「中国人類居住環境範例賞」、「十佳休閑居住適宜エコ都市」の称号を獲得し、「中国で最も美しい町」のトップにランキングされた。

 

生態保護で、緑水青山を守る

2017年、臨安は浙江省最初の『村落風景区標準』を制定し、30の村落風景区を建設する計画をたてた。

2017年、臨安区は45000万元を投資し、10の村落風景区を建設した。天目山の麓の月亮橋村はこのプロジェクトにより姿を一新させ、渓流が村の外を流れる江南風の特色豊かな村となり、村の大面積の竹林は、花の海、果樹園へと変わるだろう。

太湖の水源地として、水資源保護は臨安のエコ建設の重要な任務である。臨安丹靚環境工程有限公司は浙江省環境保護科学設計研究院、東北大学などと技術協力を行い、無線の「モノインターネット」技術により、農村生活排水の管理監督プラットフォームの開発に成功した。

 

山水が見える田舎の良さを残す

「中国農家民泊第一村」といわれる白沙村は、太湖の源流がある臨目に位置する。

1980年代から現在まで、白沙村はずっと臨安の郷村発展の縮図であった。

今では、臨安市級観光特色村は現在39に達し、杭州市級観光特色村は17、省級観光特色村は13、全国で最も魅力のある休暇村が1つある。

臨安昌化鎮孫家村を観光で訪れた後、ここに定住したアメリカ人もいた。

 

インターネット+エコ郷村

「エコ経済」を発展させ、農村の発展、農業の効率増加、農民の収入増加のために、新しいエネルギーを注ぎこむことは、臨安の「美しい郷村建設」が直面する新時代の課題である。

ここ数年、臨安はインターネットにより農業を発展させることを郷村経済発展の重点の戦略にしている。 

今や、臨安人は約27000ヘクタールの農地でクルミを栽培し、21のエコ循環農業モデルプロジェクトを建設し、家庭農場などの新型経営主体845を育成し、さまざまな民宿はベッド数2万あまりにも達する。2016年の観光綜合収入は1382000万元に達した。現在、臨安は6つの淘宝鎮、22の淘宝村を創建し、3年連続して「中国電子商取引百佳県」の称号に輝いた。

2012年、白牛村は中国最初の淘宝村となる。白牛村はナッツ類を販売する電子商取引により、毎年、伝説を作っている。

冷凍・冷蔵通物流により、臨安地区の生鮮農産品電子商取引は一夜のうちに大人気を博するようになった。於潜鎮や天目山のサツマイモ、太湖源の新鮮なタケノコ、高虹の高山野菜などはネットでとても人気が高い。

 


中国专题图库