現在位置  : ホーム >> 万華鏡 >> テキスト

郷村の小学校特任教師、桑磊さん

2017-03-09      写真=郭莎莎

放課途中

 

雲南省昆明市から数百キロ離れた怒江の川沿いの山奥に、雲南貢山トールンヌー族自治県の郷村小学校――捧当完全小学校がある。その児童たちは小学校周辺の村に住んでいて、家から学校まで78時間も歩かなければならない子どももいる。このため、この小学校は10日間授業をして、(その間は学校に寄宿)4日間は休みという授業方法を実施している。毎回休みの前には、桑磊さんはほかの教師と一緒に子どもたちを家へ送り届けなければならない

  桑磊さんは2007年雲南普洱学院コンピューター教育学部を卒業し、捧当完全小学校に勤務し始めた。捧当完全小学校の唯一の大卒教師として、桑磊さんは国語、思想道徳、情報技術、音楽の授業を担当し、クラス担任と教学研究組長を兼任している。

9年もの間、桑磊さんは都市に行くたびに、かならず現地で絵はがきを買って子どもたちに送っている。

中国专题图库