現在位置  : ホーム >> 芸術 >> テキスト

趙孟頫書画展

2018-01-03      文=龔海瑩

                                                        趙孟頫の「秀石疏林」 故宮博物院


201796日~125日、『趙孟頫書画展』が故宮博物院武英殿で開催された。展示された作品は100点あまりの書道と絵画の古典的作品であり、「芸術の源を辿る」「芸術成果」「芸術的影響」「書画偽物判別」という四つの展示テーマに分け、中国元代(12711368)の書画大家孟頫(12541322)の芸術的成果とその時代を示した。

展示の第一部分では、「溯本清源――趙孟頫の芸術の源を辿る」と題し、趙孟堅(11991264)の「墨蘭図巻」、銭選の「八花図巻」などが展示された。彼らは趙孟頫に影響を与えた書画家である。

展示の第二部分では、「書画交輝――趙孟頫の芸術成果」と題し、趙孟頫の書の「行書去来辞巻」「行書洛神巻」、絵画の「水村図巻」「秋郊飲馬図巻」などが展示された。

展示の第三部分では、「松雪遺韵――趙孟頫の芸術的影響」と題し、趙孟頫の妻である管道昇、著名な弟子の黄公望(12691354)、明代の著名な書画家董其昌(15551636)、清代の乾隆帝(17111799)などの趙孟頫の書画の模写が展示された。

展示の第四部分では、「雲泥有別――趙孟頫の書画偽物判別」と題し、本物と偽物を並列展示して、その違いを示した。

 

                                                   趙孟頫の「紅衣羅漢」図巻――遼寧省博物館  副本

                                                    趙孟頫の「行書洛神賦巻」 故宮博物院

                                                             銭選の「八花図巻」

 
 


 

 

 


 

中国专题图库