現在位置  : ホーム >> 自然 >> テキスト

神農の百草  森林の歌

2017-03-09      文=自美 写真=銭燁

神農頂 地衣類

 

2016717日、トルコのイスタンブールで開催されたユネスコの世界遺産委員会第40回会議で湖北省神農架が世界遺産に登録された。同委員会の神農架に対する評価は次のようであった。「湖北省神農架は中国中部最大の原始林を残し、中国の生物の多様性が最も豊かな三大区域の一つであり、世界で最も完全な垂直自然帯譜を持ち、多くの貴重で数少ない動植物のために生息地を提供している」。

 

植物の宝庫

神農架の世界自然遺産指定地の面積は73318ヘクタールで、西部の神農頂―巴東片区と東部の老君山片区に分けられ、遺産指定地の緩衝区面積は41536ヘクタール、完全な亜熱帯森林生態システムと豊かな生物多様性を持っている。保護区内の険しく複雑な山体構造は多くの貴重で数少ない絶滅危惧種と特有の種に生息地を提供している。遺産地の植物種は多様で、植物の宝庫といえる。神農架は中国の15種の国家重点保護動物、たとえばキンシコウ、レッサーパンダなどの重要な生息地でもある。

長江中流の重要な水源地として、神農架の豊かな森林植生は水を蓄え、水や土を保持し、気候を調節する作用を果たし、長江南岸の巨大の酸素タンクでもある。巨大な生態的価値のほかに、神農架は中国ないし世界の地質研究に対しても重要な意味を持っている。

中国专题图库