中国画報—砂漠の街がオアシスに

現在位置  : ホーム >> 自然 >> テキスト

砂漠の街がオアシスに

2018-03-27      文=夢琦    

  • 右玉县生态走廊.jpg

    右玉県のエコ廊下

  • 6月14日,2017山西右玉生态文化旅游系列活动玉龙国际赛马公开赛.jpg

    2017山西省観光シリーズ活動の玉竜国際競馬

  • 鸟类在哈巴湖国家自然保护区的花木町湿地经过保护区位于穆斯沙漠的边缘.jpg

    哈巴湖国家自然保護区

< >

  

ムウス(毛烏素)砂漠は陝西省と内蒙古自治区の間に位置し、面積は4.22万平方キロである。

 

根気よく続けて奇跡を起こす

1959年から、中国政府は防風林帯の建設、砂漠の改造を提唱し始めた。その後70年間近く、山西省右玉県の歴代の県党委員会書記は地元の人々を率いて植樹を行ってきた。

今や、右玉県では、奇妙な情景が見られる。高くて大きい木がここではすべて低くなっている。木の枝がしっかり木の梢の周囲をとり囲み、巨大な閉じた傘のようだ。この奇観のおかげで、右玉県は砂漠の中の緑の都市という「生態の奇跡」を作り出した。

風が樹木を根こそぎさらってしまうのを防ぐために、右玉県のあらゆる樹木は深々と砂の中に植えられ、幹はほとんど砂に埋められ、樹冠しか露出していない。こうして樹木の成長が制限され、樹冠は地面から1メートルあまりしかなく、一年中強風が吹き付ける中で木の枝はすべて上へと伸び、奇妙な風景を形づくっている。

現在、右玉の林木被覆率は0.3%から54%にまで増加し、森林被覆率は全国平均レベルより20%も高くなっている。不毛の地は砂漠の中のオアシスとなったのだ。樹種は過去の数種から30種余りまで増加し、薬用植物は45種、野生動物は50種余りに達する。

こうした木々は生態系をよみがえらせ、地区の気候にも好影響を与えている。平均風速は29.2%下がり、年平均降水量は周辺地区より3040ミリ多い。さらに、ここ5年のデータによると、霜が降りない期間が100日未満から123日まで増えている。

 

砂漠化防止に対する中国の答え

中国は世界でも砂漠化の影響が最も厳しく、水資源が最も欠乏している国の一つである。

国連環境計画(通称:UNEPが発表した『世界砂漠アウトルック』によると、現在、砂漠化問題は日増しに厳しさを増しており、地球の40%以上の土地が灌漑不能の耕地であり、世界人口の3分の1が干ばつ地域に居住している。砂漠化はすでに無視できないグローバルな環境・社会難題となっている。

砂漠化という世界的な難題に直面し、右玉人は古代中国の「愚公山を移す」の意気込みで中国の奇跡を創造した。世界の砂漠化防止のために中国の知恵を捧げたといえる。

現在の右玉は草木が青々と茂る風景を見せているのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

<

>

砂漠の街がオアシスに

2018-03-27      文=夢琦      

  • 右玉县生态走廊.jpg

    右玉県のエコ廊下

  • 6月14日,2017山西右玉生态文化旅游系列活动玉龙国际赛马公开赛.jpg

    2017山西省観光シリーズ活動の玉竜国際競馬

  • 鸟类在哈巴湖国家自然保护区的花木町湿地经过保护区位于穆斯沙漠的边缘.jpg

    哈巴湖国家自然保護区

  

ムウス(毛烏素)砂漠は陝西省と内蒙古自治区の間に位置し、面積は4.22万平方キロである。

 

根気よく続けて奇跡を起こす

1959年から、中国政府は防風林帯の建設、砂漠の改造を提唱し始めた。その後70年間近く、山西省右玉県の歴代の県党委員会書記は地元の人々を率いて植樹を行ってきた。

今や、右玉県では、奇妙な情景が見られる。高くて大きい木がここではすべて低くなっている。木の枝がしっかり木の梢の周囲をとり囲み、巨大な閉じた傘のようだ。この奇観のおかげで、右玉県は砂漠の中の緑の都市という「生態の奇跡」を作り出した。

風が樹木を根こそぎさらってしまうのを防ぐために、右玉県のあらゆる樹木は深々と砂の中に植えられ、幹はほとんど砂に埋められ、樹冠しか露出していない。こうして樹木の成長が制限され、樹冠は地面から1メートルあまりしかなく、一年中強風が吹き付ける中で木の枝はすべて上へと伸び、奇妙な風景を形づくっている。

現在、右玉の林木被覆率は0.3%から54%にまで増加し、森林被覆率は全国平均レベルより20%も高くなっている。不毛の地は砂漠の中のオアシスとなったのだ。樹種は過去の数種から30種余りまで増加し、薬用植物は45種、野生動物は50種余りに達する。

こうした木々は生態系をよみがえらせ、地区の気候にも好影響を与えている。平均風速は29.2%下がり、年平均降水量は周辺地区より3040ミリ多い。さらに、ここ5年のデータによると、霜が降りない期間が100日未満から123日まで増えている。

 

砂漠化防止に対する中国の答え

中国は世界でも砂漠化の影響が最も厳しく、水資源が最も欠乏している国の一つである。

国連環境計画(通称:UNEPが発表した『世界砂漠アウトルック』によると、現在、砂漠化問題は日増しに厳しさを増しており、地球の40%以上の土地が灌漑不能の耕地であり、世界人口の3分の1が干ばつ地域に居住している。砂漠化はすでに無視できないグローバルな環境・社会難題となっている。

砂漠化という世界的な難題に直面し、右玉人は古代中国の「愚公山を移す」の意気込みで中国の奇跡を創造した。世界の砂漠化防止のために中国の知恵を捧げたといえる。

現在の右玉は草木が青々と茂る風景を見せているのである。

 

 

 

 

 

 

 

 


中国专题图库