中国画報の購読
中国画報社
のほかの刊行物
  • フォーカス

ネガの上に残された中国の記憶

トマス・ソーヴィンさんはフランスからやって来た若者であり、彼は中国に何年も滞在している。彼自身は写真を撮っているが、自分がカメラマンだとは思っていない...

More

中国は立法方式で中国人民抗日戦争勝利記念日を確定

【新華社北京2月26日】中国の第12期全国人民代表大会常務委員会第7回会議は2月25日午後、全国人民代表大会常務委員会による中国人民抗日戦争勝利記念日の確定に関する決定草案を審議した。決定草案は中央人民政府政務院と国務院の抗日戦争勝利記念日に関する規定を継続し、9月3日を中国人民抗日戦争勝利記念日に確定した。

More

中国共産党第18期中央委員会第3回全体会議

総目標
中国の特色ある社会主義制度の整備と発展。国家の管理体系と管理能力の現代化の推進。

More

話題の十二支像が寄贈される

6月28日夕方、中国国家文物局が挙行した「ピノー氏、円明園のネズミ・ウサギ頭像寄贈式」が国家博物館で行われ、劉延東国務院副総理がこの式に出席した...

More

「花の里」の花商売

花を買うには、北京市南部の第四環状道路付近の花卉市場、「花郷」に行くのが最もよいということは、北京の花好きはみな知っている...

More

花栽培の在宅創業

北京市の東部第二環状道路付近にある普通の団地に、美しい「空中ガーデン」のようなバルコニーがある。それは主人である魏旭敏と馬良にいつも、夢は彼らの家のバルコニー庭園に春の日ざしが差し込むように、人の心を打つものであると語りかけている...

More

「神亀ママ」効果の園芸ブーム

「神亀ママ」と呼ばれる龐海鷗さんの家の前を通りかかる人は、みな足取りを緩める。はじめて見る人は、そこを庭園あるいは花屋だと思う...

More

生命のロジックによる庭園作り

2010年、画家である劉崢は、北京市通州区郊外にある宋荘に0.1ヘクタール、レンタル期間50年の土地を借りた...

More

千年受け継がれてきた陶芸

2012年12月12日の明け方、湖北省東南部にある管窯鎮李家窯陶磁製造工場の竜窯で、王亨発さんと趙元民さんが焼きあがった陶芸製品を、忙しそうにかまどから取り出していた...

More

南海艦隊の遠洋訓練

500以上の島や砂州や暗礁からなる南沙諸島は、中国の南海諸島の中でも面積が一番大きく、島が一番多い群島である。最近では、中国海軍は南海海域で日常的なパトロール体制を作り上げ、さらに遠洋訓練も常態化している...

More

ふるさとを守る子供たちの笑顔

一部の子供たちは、彼らがまだミルクが欲しくて泣き叫んでいるとき、両親は生計を立てるために家を離れ、はるか遠くの都市へ出稼ぎに行ってしまいます。彼らは普段、電話あるいは送金為替の中でしか、父母の存在を感じることができません...

More

ユニセフが見守る中国の「留守児童」

「私が3年前に会ったとき、彼女は隅に一人で静かに坐っていました。現在、彼女はまったく変わりました。わが委員会でも最も活躍するメンバーの一人となりました」と、ユニセフの児童保護官である楊海宇さんは語る...

More

   <   1   2   3   4   5   6   7   8   >  

Copyright by China Pictorial © 2000-2014 ALL RIGHTS RESERVED
Reproduction in whole or in part without permission is prohibited.


Add:33 Chegongzhuang Xilu, Haidian District, Beijing 100048, China
Questions, Comments, or Suggestions? Please send to:
cnpictorial@gmail.com