中国画報の購読
中国画報社
のほかの刊行物
  • 其它
画報のご紹介

輝かしいその歴史

 人民画報社は、中国の国家ニュースメディアであり、1950年に創建され、毛沢東主席自らがその題字を記しました。中国語・英語・ロシア語・韓国語版と『服飾と美容VOGUE』(コンデナストインターナショナル社との提携発行)、『チャイナビュー』(日本のイスクラ産業株式会社との提携発行)という6つの刊行物と、中国語、英語、フランス語、ロシア語、韓国語、ドイツ語、イタリア語、日本語、アラビア語の計9カ国語によるインターネット版があります。大型写真データベースサービスも、2008年内に完成する予定です。

 『人民画報』は19507月に創刊され、中国の変遷や重大事件、人物や社会生活、地理や歴史、文化や観光など多岐にわたる迫真の写真と文章を、700回あまりにわたり国内外の読者に届けることで、中国と各国との相互理解と友好に重要な役割を果たしてきました。

 60年ちかくにわたり、画報はどんなときも発刊を中止したことはありません。10年にもわたる「文革」期間にも、『人民画報』および各国語版『中国画報』は通常通り発刊されていました。

 『人民画報』は、何代にもわたる中国の指導者の注目を受けてきました。毛沢東主席は『人民画報』のために題字を記し、周恩来総理は「文革」の動乱のなかでも、画報の原稿を3年あまりもの長きにわたって校閲を行い、鄧小平氏は1990年に『人民画報創刊40周年』という題字を記し、江沢民氏も画報のために題辞を寄せました。胡錦濤総書記は20046月のルーマニア訪問の際に、19798月号の『中国画報』をお土産としてもってゆき、両国の友好推進を願って、人々に寄贈しました。これらの事実は、画報の製作にあたるわれわれを大いに励まし、鞭打つものです。

 このほかにも、『人民画報』は国内外の多くの読者の熱い支持をうけています。斉白石、呉作人、李可染、王雪濤、関山月、于立群、啓功などはみな、『人民画報』に作品をよせたことがあり、『人民画報』の輝かしい歴史の目撃者であり貴重な財産であるといえます。

 時代と社会の発展にともない、『人民画報』は1999年に初めて中国語版と外国語版との内容を分けました。これによってさらなる好評を得、また、インターネットの迅速な発展に機を逸することなく、20005月、人民画報インターネット版を開設いたしました。200210月、韓国で韓国語版が創刊され、各国語版がその本国で発行されるパターンの先駆となり、国務院新聞弁公室の是認を受けました。2004年末には中国外文出版発行事業局の「本土化戦略」に基づき、ロシア語版の『中国』がロシアで発行され、内容も人民画報の外国版の一つから、最新の中国を紹介するロシア語の機関誌へと変化しました。20059月、人民画報社とコンデナストインターナショナル社とのライセンス契約による『服飾と美容VOGUE』の出版が開始され、ファッション雑誌のなかでも社会的影響力と経済効果が比較的高い出版物となっています。

社会各界の読者の支持によって、画報はたゆまぬ努力を続けており、新たなる発展の効果も歴然としております。2001年末『人民画報』は、共産党中央宣伝部・新聞出版署が重点刊行物を選んだ「中国期刊方陣」に選ばれ、さらに「社会的影響力と経済効果をもつ定期刊行物」という称号を獲得しました。2003年、新聞出版総署により、『人民画報』が、中国定期刊行物の最高賞である第二回国家期刊賞を受賞しました。2005年にも、『人民画報』は再び第三回国家期刊賞に輝き、『中国画報』英語版も初めて国家期刊賞「100冊の重点定期刊行物」に選ばれました。各国語版あわせての月間発行部数は40万冊ちかくに達します。

 

   <   1   2  

Copyright by China Pictorial © 2000-2002 ALL RIGHTS RESERVED
Reproduction in whole or in part without permission is prohibited.

Director E-mail:xubu61@163.com
Add:33 Chegongzhuang Xilu, Haidian District, Beijing 100044, China
Questions, Comments, or Suggestions? Please send to:
cnpictorial@gmail.com